01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_m

会社の実態にあった規則を

実態に合わない規則はトラブルの元です。

ひな形を利用して作成した就業規則に、実態に合わないものが散見されます。
そのような就業規則は、できない約束をしてしまうのと同じで、会社にとって不利に働くことがあります。

就業規則の作成には労働関連法規に関する知識が必要となります。
もちろん、ひな形から作成しても良いのですが、しっかりと会社の実態に即したものを作るようにしましょう。

一度作成した就業規則を変更するのは手間がかかります。特に、条件を低下させる変更は難易度が高くなります。
自信のない方、不安な方は、社会保険労務士に相談してみましょう。

 

就業規則の不備で起こるトラブル

就業規則の不備はトラブルの元に?

社員区分がない

社員区分が定められていないと大きなトラブルになりかねません。

問題社員への対応

社員の問題行動への対応には、就業規則が大切です。

ひな形の利用には要注意

ひな形を利用すると、不測の事態を招くことがあります。