01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_m

社会保険労務士(社労士)とは

会社の"人"に関する専門家です。

社会保険労務士は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の三要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトに関する専門家です。

社会保険労務士の定義は、「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」であり、社会保険労務士法に基づく国家資格者です。

就業規則の作成・変更や、社会保険の手続、雇用関連助成金の申請等は社労士の専門業務とされています。
会社の人事労務管理のことで困ったことや相談したいことがあれば、社労士に相談しましょう。

社会保険労務士の役割

社会保険労務士は、労働社会保険手続、労務管理の相談指導、年金相談等を専門としています。
主に会社の立場から、経営者の方々と一緒になって人事労務の支援をしています。

 

労働社会保険手続

労働社会保険の適用、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届のほか、各種助成金等の申請、法定帳簿の調製、就業規則の作成・変更などを専門業務としています。

コンサルタントとして

人事労務管理の専門家として、雇用管理や人材育成、人事・賃金・労働時間についての相談指導を行うこともできます。また、法違反がないかなどの労務監査を行うこともあります。

企業経営に専念

社労士に労働・社会保険の手続を委託したり、労務管理の課題解決を任せることで、企業経営に専念することができます。

労務リスク対策

社労士は労働法の専門家です。法律を守りながら人事労務管理をするためのアドバイスをすることができます。

助成金の活用

雇用に関わる助成金の申請代行は社労士だけが行うことのできる業務です。行政機関等に提出する申請書等の書類も正確に作成いたします。